糖尿病内分泌内科SENIOR RESIDENT

ご挨拶

基幹病院の糖尿病内分泌内科の機能としては、

  • 正しく健康情報を提供して生活改善をうながし、疾病予防をすること
  • 生活習慣病を有するかた、治療中の方に対しては高度診療医療機器を駆使して大血管障害による致死的イベントを防ぐための早期診断、治療を行うこと
  • 糖尿病治療においてはインスリン療法も含め科学的根拠のもとづきつつ各個人にあわせた治療を受けていただくこと
  • 入院精査治療を要する状態においては速やかに対応できる体制を整えること
にあります。

糖尿病治療は血管治療といっても過言ではありませんが、当院は循環器科、腎臓内科、脳卒中診療科、血管外科、形成外科など高水準の診療科との院内連携がスムースに行なわれています。

これら基本方針のもとでより数多くの患者さんに質の高い医療をうけていただけるようにするためには、病院の専門医と第一線の診療所の先生がたとの連携が必要です。患者さんの立場にたった紹介、逆紹介が効率よくできるような診療システムを構築していく必要があり、地域の先生方との連携(DM2:ディーエムツー Diabetes Mellitus Disease Management)を推進していく方針をとっております。

糖尿病内分泌内科部長
小見 理恵子

施設認定

日本糖尿病学会認定教育施設

PAGE TOP