総合内科SENIOR RESIDENT

2018年 専攻医説明会資料

ご挨拶

当院での総合内科研修の特徴はいくつもあります。

『総合内科の診療ベッドが豊富であること』、『総合内科と専科との垣根が低いこと』、『専科プログラムが豊富であること』、『総合内科の診療ベッドで専科ローテーション後にフィードバックできること』、『内視鏡研修ができること』、『コメディカルスタッフが非常に協力的であること』、『ERが充実していること 』、『僻地研修が充実していること』。
雰囲気が伝わるように湘南鎌倉総合病院 総合内科も用意しています。是非一度ご覧ください。来たれ!湘南鎌倉総合病院総合内科へ!!です。

総合内科部長
北川 泉

総合内科部長 北川 泉

概要

湘南鎌倉 総合内科とは

総合内科では主に初診外来、及び緊急入院が必要な内科患者の入院診療を受け持っております。当院には非常に多くの外来患者、救急患者が来院されますが、当科ではほとんど全ての内科系緊急疾患を引き受け、全身管理を行いながら診断、治療を行っています。臓器別に患者を割り振ることがないため、我々は病気から社会的な背景まで全てを診ています。

当院総合内科の魅力

患者さんの全てを診るということ

「総合」の文字通り、患者さんの「全てを総合的に診られる」のが当科の最大の魅力です。自分の診察した患者であればどのような患者さんであっても自分の診られる限り診ることができます。時には他の専門の先生に助言を頂きながらも、総合医として主体的に患者さんに関わり続けられるのは大きな魅力です。

当科では3年次から医師が主治医として長期間患者さんと関わっていきます。早いうちから一対一で患者さんとつきあううちに、家族の問題や社会的な事情など病気以外の様々な事ともつきあっていくことになります。病気を治すことを目標にするのではなく、不幸にして病気を持ってしまった患者さんを、人としてどのように幸せにしていくのかを科の課題として取り組んでいます。

螺旋状の成長

実践→勉強→実践の繰り返し

プログラムの骨子は総合内科と専門科を交互にローテートすることで作られます。まずは総合内科ローテーションを行ってもらい、医療を実践する中で自分の足りない部分を発見して、それを専門科ローテーションで集中的に学んでもらいます。そして再び総合内科ローテートを行い、学んだことを実践、再び足りないところを発見してもらい専門科で研修を行います。このようなサイクルを繰り返すことで次々と課題が見つかり、常に成長が実感できる螺旋状の研修が行なうことができます。

このような研修が行えるのも各専門科の垣根が低いこと、各専門科が非常に教育的であるためです。そのため、どの科を回っていても専門科からのフィードバックを受けながら、研修を継続することができます。

豊富な症例

救急車年13,108台

どれだけ研修制度を整えても、一人あたりの症例数が少なければ良い研修にはなりません。しかし当院は地域唯一の総合病院と言うこともあり、非常に多くの患者が受診します。当院では「断らない医療」を実践しているため、様々な疾患を診ることが出来、コモンディジーズから珍しいケース、重症者から軽症者まで様々な症例に出会うことができます。初診外来も非常に症例豊富であり、しばしば興味深い疾患に出会うことができるのも魅力です。

実績

2016年度

  • 救急車搬入件数・・・13,108人
  • 救急車搬入からの入院患者・・・4,659人
  • 総合内科入院患者数・・・2,301人/年 (ERからの入院患者数の比率が85%を超えています)
  • 総合内科外来患者数・・・41,952人/年

技術の習得

内視鏡から生検まで

総合内科医として診断に必要な技術は一通り学ぶことが出来ます。上部内視鏡、下部内視鏡、骨髄穿刺、エコーガイド下生検、気管支鏡、皮膚生検、髄液穿刺などは一通り行えるように教育しております。また、一度習得した技術は継続して技術を伸ばすため、週1回の検査日を作るなど工夫しております。

研修をサポートする体制

充実した教育体制

当科では屋根瓦形式を採用しており、指導医−主治医—研修医というチームを数個作成しております。そのため研修中からは常に指導医から適切な指導、フィードバックを受けることができます。また、各専門科からも常に助言、教育を受けることができ、総合診療を行いつつ専門科の知識も身につけていくことが可能です。

カンファレンスは盛んに行われており、時間の許す限り自由に参加することが出来ます。院外からもしばしば医師を招聘し、カンファレンスを開いております。

カンファレンス/レクチャー

内容 担当講師 頻度 時間 場所
インアウトカンファレンス(入院症例検討) チーフレジデント 月~金 17:00-18:00 14階研修室
画像カンファレンス 安田晶信先生 13:00-14:00 3階講堂
タフケースカンファレンス 吉澤和希先生 18:00-19:00 14階研修室
神経内科ラウンド 川田純也先生 8:30-9:00 内科病棟
総合内科ERカンファレンス チーフレジデント 18:00-19:00 別館第1会議室
GIカンファレンス チーフレジデント 8:30-9:00 3階講堂
M&Mカンファレンス チーフレジデント 15:00-16:00 14階研修室
Dr.Aokiの感染症カンファレンス 青木眞先生 5-6回/年 2時間/回 3階講堂
Dr.Steinの内科診断学セミナー ジェラルド・スタイン先生 3回(2日間)/年 4時間/回 3階講堂
Dr.Tierney Case Conference ティアニー先生 1回/年 2時間/回 3階講堂
画像カンファレンス
症例)
  • 「重症高Ca血症からCTガイド下肺生検にて診断された肺腺癌」
  • 「意識障害で発症した壊死性淡蒼球の一例」
  • 「悪性リンパ腫で他院で治療中の発熱、頚部潰瘍」
  • 「細菌性髄膜炎と間違われた多発性硬化症の一例」
  • 「胆管炎・DIC治療後に門脈内血栓症を合併した一例」
  • 「胸水貯留精査目的の入院中に発症した盲腸腫瘍による大腸閉塞」
  • 「急性膵炎を契機として糖尿病性ケトアシドーシスを来した一例」
  • 「未治療VSDに感染性心内膜炎を合併し、敗血症性肺塞栓症を来した一例」
  • 「涙腺癌からの多発脳・肺・皮膚・消化管転移を来した一例」
  • 「胸腺腫の心膜浸潤が疑われた一例」
  • 「肝硬変に門脈血栓を合併しコントロールに難渋した肝性胸水の一例」
  • 「悪性リンパ腫と間違われた子宮体癌の腹腔内リンパ節転移・腸腰筋浸潤を呈した一例」

などなど…。これらは、ほんの一部の症例ですが、毎週、入院中の診断未確定症例や興味深い症例の画像を3-5例ほど持ち寄り、放射線科医とともにディスカッションしています。

総合内科ERカンファレンス

ERと合同で週1回行っているカンファレンス。
よくテーマに挙がるのは、当院で症例数の多い、「肺塞栓」「感染性心内膜炎」「肺結核」ですが、下記のような様々な内科救急疾患をもとにレジデントが奮闘し症例発表しています。

症例)
  • 「TTP様の症状で発症し胃癌再発、骨髄転移の診断に至った一例」
  • 「吐下血で発症した上腸間膜動脈血栓症」
  • 「家族のSU剤を誤って服用し発症した低血糖」
  • 「Vf stormを起こし、PCPSで救命しえた脚気衝心」
  • 「リウマチ性多発筋痛症のステロイド治療中に発症した肺血栓塞栓症」
  • 「大酒家の難治性心窩部痛で診断されたGroove膵炎」
  • 「髄液所見から髄膜炎と間違われた多発性硬化症」
  • 「気道閉塞症状で受診した肺小細胞癌」
  • 「下肢脱力、せん妄で発症したレジオネラ肺炎」

教育

Dr.Branchによるベッドサイドティーチング

当科ではイギリスで働いていたDr.Branchを教育専任スタッフとして迎えております。英語でのディスカッションを通しながら、詳細な身体所見の取り方、診断法についてしっかりと学ぶことができます。検査に頼りがちな現代医学ですが、当科では患者から学ぶという基本を当科では非常に大事にしております。

資格

内科認定医を取得後、専門資格も取得可能

当科で研修した医師は内科認定医の取得を義務づけております。内科認定医は現行制度では3年次研修を終えた時点で受験資格が有り、その他の内科系資格の土台となるため全員取得してもらっています(新制度に移行後は内科専門医を全員が取得できるようにプログラムを作成中です)。多くの教育認定施設にもなっているため、専門医を取得したいという方でもニーズに応えることが出来ます。プログラム作成時に取りたい資格については相談に乗っています。

当院の教育認定施設の指定状況

研修修了後の進路

総合を続けるも、専門科で研修を行うも自由

研修修了後の進路は特に定めておりません。当院総合内科に残るのも、院内の専門科に残るのも(他科に移動する場合には試験や面接などは受けて頂く必要があります)、他院で専門研修を行うのも自由としております。当院での研修を終えた後、感染症科や膠原病科など各内科専門科に行く人もいれば、当院で総合診療を続けている人、外科や皮膚科など内科以外の科に進んだ人もいます。卒業生からは他科に行っても当科で学んだことが非常に役に立っていると高い評価を頂いております。

僻地離島研修

医の原点を見つめ直す

当科では医師3年次に3ヶ月の僻地離島研修に行ってもらっています。離島では様々な疾患を抱えた患者を少人数の医師で支えなければなりません。僻地研修は「何故医師になったのか、何が人のためにできるのか」ということを見つめ直す非常に良い機会となります。珍しい疾患や分からない疾患を抱え、時には大変な思いをすることもあるかもしれません。しかし、その体験はあなたを確実に一回り成長させてくれます。総合内科医が真価を発揮する場所であり、医の原点を知ることができる僻地離島研修を経験できるのも当科の強みです。

生涯教育

これから総合内科を行いたい人も大歓迎

当科ではスタッフも生涯教育に取り組んでおり、他の専門科でキャリアを積んできた方々も歓迎しております。今までは内科以外のことをやってきたけれど、これから総合診療を行いたいという方、今まで内科専門科でやってきたけれど不足している内科知識を身につけたいという方も大歓迎です。今まで積み上げてきたキャリアを生かしつつ、新たなことが身につけられるように配慮したプログラムを作成します。

当直医への申し送り制度

夜間呼ばれることのない生活

当科では申し送り制度(サインアウト)を採用しており、17時から翌朝までは病棟での急変は全て当直医が対応します。一日の仕事が全て終わったら当直医に申し送りを行い、その後は基本的に院外でも呼ばれる事はありません(内視鏡などのオンコールに入っている場合は別です)。日中仕事を行い、夜間はしっかり休むことで生活のリズムを保ちながら仕事をすることができます。
当直中は全ての病棟での急変、及び救急総合診療科からの入院患者の対応のみを行っております。外来患者は救急総合診療科が診てくれています。また、睡眠時間をとれるよう3人交代制で当直を行っているため、徹夜で翌日の勤務を行うようなことはありません。

働きやすい環境作り

家庭と仕事の両立

働きやすい環境作り、特に女性医師が家庭を持ちながら働ける環境を作成していくことは当科が取り組んでいる重要な課題の一つです。時短制度や、産休、育休を自由にとれるようにしており、また休暇明けでも自由に働けるように配慮しております。現在、時短制度で家庭を持ちながら働いている女性スタッフが1人、育児を行いながら働いている後期研修医が1人おりますが、二人とも無理なく仕事ができるよう配慮しております。なお、当院には併設の託児所があり24時間365日預けることができます。預かってくれるのみならず、食事の世話や勉強、運動会まで行ってくれる充実ぶりです。

PAGE TOP